スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
アキアカネの楽園 ひょうたんぼ
2009 / 11 / 05 ( Thu )
アサザ基金の太田です。

急に寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?
脱穀の後1ヶ月経ちました。
秋のひょうたんぼの様子をお伝えします!
P1020908 (Small)
↑今はこんな状態です。

ひょうたんぼでは、いろいろな生きものが秋の田んぼで暮らしています。

特に注目して頂きたいのは、アキアカネです。

アキアカネ・高浜入り (Small)
↑アキアカネ

アキアカネは、秋に赤くなる赤トンボの一種です。
昔からごくごく普通にいる赤トンボなのですが、最近数が減ってきています。

アキアカネは、底が泥で、浅い水がはったようなどろどろした場所に卵を産みます。
稲刈りする前の、稲が生えている田んぼでは卵を産むことができません。
例えば、みなさんが稲刈りで田んぼを歩いてついた足跡。そこに、雨が降って水が溜まったようなところが大好きです。

アキアカネが減少している理由は、いろいろなことが考えられますが、田んぼが乾かしていることが理由の一つです。
近頃の米づくりはコンバインなどの機械で行われています。
そのため、機械が入りやすいように、田んぼが乾田化しています。
すると、アキアカネの大好きなどろどろの場所がなくなってしまいます。
また、田んぼをやめてしまって、荒れ地になっている場所が多くなっているのも原因だと思います。
草が生えている場所では、アキアカネは卵を産めません。
※ちなみに、田んぼを辞めて荒れ地になってしまうのは、ひょうたんぼのように水源地で水が豊富な場所が多いのです(機械が入りにくいからです)

ひょうたんぼでは、稲刈りの時についたみなさんの足跡がたくさん残っています!
P1020892 (Small)
↑足跡が見えますか??もしも自分がアキアカネだったら、目がキラキラしていまいそうな理想的な環境です!

そこで、アキアカネが産卵しているのを発見!
P1020906 (Small)
↑真ん中の方で、卵を産んでいます。見えますか?

ところどころ、どろどろで、稲刈りの時は大変でしたが、みなさんの苦労のおかげで、来年はひょうたんぼにアキアカネの楽園ができそうです♪♪♪
田植えや草取りの時期にアキアカネのヤゴも見られると思いますので、来年は田んぼの中の生きものにもご注目下さい!
(目がくりくりっとしてかわいいヤゴなので、虫嫌いの女性も好きになってもらえると思います♪)


アキアカネが好きなどろどろのみなさんの足跡は、今後は1月~2月にアカガエルが卵を産みにくると思います。
こちらも楽しみですね♪
P1020902 (Small)
↑この日、冬眠前のアカガエルに出会いました!

その他、イナゴやキリギリス、ドジョウなどなども発見しました。
ドジョウは、奥のため池で冬を越します。
生きものが無事に冬越しできるよう、明日、西村さんがたくさん水が溜まるように作業をしてきてくれる予定です。

次は、新米を食べる会を行います。
今年のひょうたんぼ米は、絶品です!(お先に頂きました♪)
みなさんお楽しみに!
スポンサーサイト
16 : 00 : 08 | 様子 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<2.26 復田☆DAY | ホーム | 稲刈り>>
コメント
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/01/23 23:10 * [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hyoutanbo.blog9.fc2.com/tb.php/15-3339a43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。