スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
5月9日【田植えイベント】 生きもの達の声
2009 / 05 / 09 ( Sat )
アサザ基金太田です。
田植えイベントの様子はコチラ
田植えの時に出会った生きものたちをご紹介します。

代掻きの時にたくさん見つかったシュレーゲルアオガエルの卵(中村さんの白いふわふわした卵と言っていたもの)が、今回も見つかりました!
DSC_0044 (Small)
↑ふわふわです~♪

シュレーゲルアオガエルは、4~5月土の中に卵を産んで、田んぼに水が入ったらオタマジャクシに孵ります。
金色の目の黄緑色のカエルになります。鳴き声は、キリキリコロコロ。
このカエルは手に吸盤を持っていて、木のぼりが得意。
夏は草や木の上で暮らします。
時々、木の上でぼーっと和んでいる姿が見られて、とってもかわいいです。(実は、私の1番好きなカエルです♪)
IMG_3077 (Small)
↑これは違う場所で取った写真ですが、こんなカエルになります。和んでます~。


田んぼに水が入って喜ぶのはカエルだけじゃありません。
トンボも喜びます。

この時期に見られる代表的なトンボは、シオヤトンボ。
シオヤトンボ (Small)
↑シオヤトンボ・メス。オスは薄い白い近い水色です。

春の早い時期に出現し、初夏にはいなくなってしまいます。
シオヤトンボは、代掻き後や田植え直後の田んぼが大好き。
たくさん見られました。
水面にちょんちょんっとおしりをつけて卵を産みます。

ホソミオツネントンボは、ヤゴや卵で越冬するトンボが多い中、成虫(トンボ)で越冬する珍しいトンボです。
冬の間は、茶色ですが、春になると鮮やかな色になります。
待ちに待った春で産卵している姿を見つけました。
茎に卵を産みます。
DSCF4024 (Small)
↑ホソミオツネントンボ。真ん中の方にいます。

その他、アマガエルやトウキョウダルマガエル、コシマゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウ、ドジョウやタイコウチなどなどさまざま見つかりました。
いよいよ田んぼが始まって、生きもの達も喜んでいるみたいです。
これも、みなさんが来てくれるおかげで、除草剤や農薬を頼ることなく米作りをすることができるお陰です。
ありがとうございます。

次はツライツライ草取りですが、よろしくお願いします!
スポンサーサイト
19 : 05 : 26 | イベントレポート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。