FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
3月27日【田起こしイベント】 生きものたちの声
2009 / 03 / 29 ( Sun )
アサザ基金の太田です。
田起こしイベントの時に見られた生きものをご報告します!
イベントの様子については管理人たちの報告をお待ち下さい。

ひょうたんぼに着いて驚いたのが、たくさんのカエルの卵!
0903273.jpg
↑分かりにくいですが見えますか?

ニホンアカガエルの卵です。
DSC_0036s (Small)
↑僕がニホンアカガエルだよ

本州で住むカエルでは、日本で1番早く、1月~3月の寒い時期に卵を産みます。
産む場所は、この時期でも水が残っている水田や、湿地の水たまりなど。

実は、このアカガエル、近頃数が少なくなっています。
理由は、2つあります。
①この時期に水が残っている田んぼが少ないこと(機械が入るよう乾田化させているため)
②水路の壁面のコンクリート(一度水路に落ちてしまうとコンクリートの壁面では上がることが出来ないため)

ひょうたんぼでは、機械を入れる必要がないので、湿田です。
また、水路も昔ながらの土の水路です。(手入れは大変ですが…)
このように、アカガエルと相談しながら田んぼづくりをしています。

ひょうたんぼには、小さな水たまりがたくさんあるので、お気に召した様子。
なんと70個以上見つけました!
『ありがとう!』とアカガエルの声が聞こえるようです。

日が当たって温かくなっているところでは、すでに卵が孵ってたくさんのオタマジャクシが!
0903271.jpg
↑この黒いのがオタマジャクシです。すごい数ですね!

このまま、春になって日差しが暖かくなると水が蒸発してしまって干からびてしまうかもしれないので、水の多い水路に卵を救出しました。
0903274.jpg
↑水路に放しているところ。元気で大きなカエルになーれ!

みんなで水路整備&川整備をしてもらって、奥のため池にも水を入れました。
これでさらに多くのカエルが卵を産んだり、水生昆虫が遊びに来たりできると思います。
0903275.jpg
↑大変な作業でしたが、生きものに代わってお礼を言いたいと思います。ありがとうございます!

本当は今の時期に水を溜めるのではなく、冬の間水を枯らさないようにするといいと思います。
冬は基本的に田んぼに水が張らないので、わざと水がある場所を作ってあげると、そこで水生昆虫やドジョウなどが越冬することができます。
来年は、冬の間も水を張っておくことができるよう、西村さんと相談しようと思います。

春になって、動物だけではなく植物も芽吹き始めました。
春といえば、山菜の季節。
レンゲの若い芽などを摘んで、天ぷらにし、みんなで都会では味わえない春の味覚を満喫しました。

次は、代掻きをしてから田植えイベントです。
また報告しますので、お楽しみに。
スポンサーサイト
17 : 15 : 53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。